横断幕を作る業者を探す際のコツは、やはり一度ショールームや実物を見てみるという点です。安くてデザインの良いものでも、質が悪いものはすぐに使えなくなります。一度きりである場合は問題ありませんが、横断幕で大切なのは、サイズやデザインです。アピールするために、要望通りの商品を作ってもらえるのかというポイントと、すぐに壊れ、飛んでいってしまうことや、正しく使っているのに、通行人の方たちなどに被害を与えるような商品では無いということです。どんなに素晴らしいデザインでも、金具や紐の部分が弱くなっていれば風で飛ばされてしまうこともあります。使い勝手が良いものを探すために、一度実物を見ることで、欲しいもののイメージも湧きます。また街中で見かけたもので気になるものをこっそり観察してみることもおすすめです。

横断幕を作る際にはサイズの確認が必須

横断幕は一枚の布です。立体の横断幕は横断幕ではなく立体看板です。縦横斜めからよくみえる横断幕を作るには、使う場所に合うものを選ぶという点です。大きい幕を使えば見えるというものでは無いという点です。またデザイン、特に使う色が大切です。全て同系色で統一してしまうと、遠くから見れば同じ色の一枚の布に見える危険性もあります。学校に掲げている、例えば大会優勝などを知らせた横断幕はシンプルなものが多いですが、これは周りに他の物が無いという点も挙げられますし、お知らせであって、宣伝ではないという点です。スポーツの場では逆に、白地に黒文字のみのシンプルなものをあまり見ることがないのは、まず色で遠くから自分を応援している点をアピールすることと、デザインで読みやすく目立つものにしているからであるという点があげられます。

多くの業者の横断幕の作品や見積もりを取る

目立つ横断幕はやはり、金色や、蛍光色では、と思われるかもしれませんが、感じ方は人それぞれです。つまり、センスが問われます。また、こちらが発注した色やデザインを忠実に再現できるのかという点についても、業者によるところがあります。業者の公式サイトなどでは、実物の写真をみることができます。この色が欲しいと明確なビジョンがある場合は、そのような点を基準にされると良いと思いますが、漠然としたデザインしか思いつかないという場合、無料サンプルや、テンプレート、制作実例などを見ながら、多くの業者に見積もりをとることをおすすめします。これは金額という点もありますが、何をしてもらえるのか、相談にのってもらえるのかなどを知ることもできます。より納得できる横断幕を作るためにも、電話をして感触をつかむことも大切です。