横断幕はイベント会場等への集客を目的としたり、スポーツ観戦中に、選手を応援したり、チームの士気を高めるために掲げるアイテムになっていますが、短い言葉でメッセージを伝えるところに大きな特徴があります。会場への集客を目的としている場合は、何が行われるのかが瞬時にわかり、行きたい気持ちを駆り立てるデザインがおすすめです。言葉で足りないメッセージは、イラストにして加えるのも良いです。スポーツ会場の観覧席で掲げる横断幕は、応援メッセージが一瞬で目に留まるように、短い言葉で表現しましょう。それには、背景の色と文字の色の組み合わせが重要になりますが、観戦席にはたくさんの横断幕が並ぶので、最終的には文字で勝負することになります。躍動感のある書体を取り入れるなどして、言葉の力に観衆を惹きつけましょう。

スポーツなどの応援に効果的な横断幕とは何か

横断幕は、伝えたいメッセージを、たくさんの人に瞬時に届けるためのものです。それには、伝えたいメッセージをインパクトのある短い言葉で表現することがポイントになります。スポーツ会場などで、どこからでも一瞬で読み取れるようにするためには、多くても6文字から7文字までに収めるのが良いです。そして、文字の大きさとともに、配置や書体、色づかいも、重要な要素になります。メッセージに合わせて、力強い書体、柔らかい書体、流れるような書体など、文字の書体を定めたら、大きさと配置、色づかいを決めていきましょう。たくさんの横断幕がひしめき合うような屋内の会場では、文字が引き立つように、文字の色を先に決めて、その後に文字が引き立つ背景色にしていくと、どんなに周辺の横断幕が派手でも、きっと注目される出来栄えになります。

横断幕の文字が引き立つ工夫を取り入れましょう

スポーツ会場で応援に使用する横断幕は、文字だけで迫力を持たせることができ、十分にメッセージを伝えることができますが、屋外で集客のために張る横断幕は、短い文字だけでは、何の催しの宣伝なのか伝わらないことがあります。道を行き交う人たちに、注目してもらうためには、メッセージが一瞬で伝わる工夫や、もっと内容を知りたいと思わせるデザインにする必要があります。重要な言葉を大きめに配置して、必要があれば日時や場所を捕捉する方法があります。イラストや画像を添えるのも良いです。その場合、文字とともに、催しの内容が伝わるようにシンプルなデザインにすると良いでしょう。また、横断幕の背景になる建物や周辺の色をあらかじめ確認しておいて、横断幕が景色に同化しないような色遣いにすると、より引き立たせることができます。