横断幕は、色々なシーンで使われています。例えば、高校野球などの部活動の応援や、プロスポーツの応援、学校行事や式典、創立記念や優勝記念、店頭でのアピールや工事現場での広告などで活用されています。店頭でのアピールに横断幕を使用する場合、集客を見込んでするものです。お客さんはお店に出されている、のぼり旗や看板を見て、このお店に入ろうと思う訳ですが、ここで重要なのは、分かりやすさ、親しみやすさ、センスの良さです。このどれが欠けても、今の外食産業が厳しい時代では集客は見込めないでしょう。やはり、他店との差をこういうところで付けて、ガッチリとお客さんのハートを掴んでいくわけです。お店の雰囲気やキャッチコピーなどを目立つデザイン、目立つ配色を使用して作成することで、より効果的だと言えます。

どこからでもよく見える横断幕を考えるコツ

部活動やスポーツ観戦においての横断幕というのは、いかに選手のモチベーションを上げるかということが重要になってきます。そのため、横断幕にチームのスローガンや四字熟語と一緒に、チーム名や高校の名前などを入れると、それを見た選手の人たちのモチベーションが上がる事間違いなしです。チームのメンバーや選手からハッキリと見えるように大きな横断幕を作って応援するのもいいですが、一人一人が持って応援できる旗のような横断幕を作っても効果的です。しかし、あの広いグラウンドやスタンドの観客席に大きな横断幕がかかっていると、とても目立ちます。最近では文字だけでなく、選手の顔写真と一緒に四字熟語や選手のスローガンを載せている横断幕をよく目にします。その方が選手からは目につきやすくて効果的です。

自分の子供の部活動に横断幕を作ろう

自分の子供の部活動で試合がある場合、保護者同士が手作りで横断幕を作ったり、保護者同士がお金を持ち寄ってネットで作成したりしますが、試合などで自分の子供たちが頑張っている姿を応援する際、保護者は色々な事を考えます。それを考えた時、ホームで戦う子供たちにエールが伝わるようにしたいものです。そんな時には、大きな横断幕を作ることで、遠くにいる子供たちからもよく見えます。この時、作成する大きさの横縦比の割合は、3対1が黄金比と言われています。デザインとしては、伝える文言は明確で簡潔に、チームカラーを使用し、どこにいても一目でどこの学校、どこの部かというのがわかるようにします。あとは、他校と被らないように調べてから、デザインを決定していくのが賢明です。最後にはやはり、子供である選手を思う気持ちが大切です。