会社や学校を上げて何かの応援に行くとき、よく見られるのが横断幕です。横断幕は、選手からとてもよく見える応援メッセージですので、たいへん効果的な応援方法と言えます。応援をする場所などはたいがい決まっていますので、その席の近くに横断幕をかかげるわけですが、せっかく掲げても選手の目に入らなければその意味は無くなってしまいます。さまざまな角度や、遠方からでも横断幕が良く見えるように作るのがポイントと言えます。横断幕は、自分たちで作る方法と業者に頼んで作る方法との2種類があり、どちらも作り方としては間違いではありません。自分たちで作る横断幕には味があり、気持ちがとてもこもりますので思い出深いものになりますし、選手の士気もあがります。伝統校などではしっかりとした横断幕を外注して常に同じ横断幕を掲げて応援することが多いです。

カルテの電子化の画期的な仕組み

業者に頼む場合でも、自分たちで作る場合でも、作り方の過程が大切と言えます。横断幕には、同じものを何年も使用するものと、例えば文化祭などで一度きりで使用するものとがあります。何年も続けて使用するものは、耐久性なども大切になってきますのでやはり専門の業者に頼むことをおすすめします。一度きりのものであれば、金額の面などを考えても自分たちで手作りする方法がおすすめです。特に、イベントや文化祭などの場合、みんなで一枚の横断幕を作ることによってより結束力が高まりますので、ぜひ作ることを検討してみてください。横断幕を作る場合、布やペン以外にもマスキングテープ、スプレーや絵の具などがあるとカラフルになり目立ちます。せっかく作ったものが多くの方の目に留まるように、他と差を付けることが大切です。

横断幕を作る費用はどれくらいかかるか。

手作りの横断幕は、自分たちで布などを手芸店で購入するので、ある程度低価格で作ることができます。また、人件費などもかかりませんのでそういった面でもお得と言えます。部活や会社の横断幕を何年も同じものを使う場合、デザイン性や耐久性、どこからでも良く見える作りなど、様々なところでこだわり、専門の業者さんと打ち合わせを何回もして作り上げます。そのため費用もそれなりにかかってきますが、横断幕を作ったことが無い人はその価格がどれくらいなのか見当がつきません。大きさにもよりますが、横断幕を専門に扱っている業者ですと、一枚4000円から作ってくれるところもあります。最低価格がその値段ですので、例えばそこからデザインを少し変えたいなどの要望があれば、追加料金が発生するようになっていくわけです。長く愛用するのであればある程度金額をかけて作ることをおすすめします。

サイトにて制作の流れをご案内しておりますのでご覧ください。 色のこだわりや書体、納期のご相談も承っております。 業界トップクラスの品質の横断幕で、お客様からもご好評いただいております。 ご利用のリピート率がどんどん上昇中です! お見積もりはフォームよりお気軽にどうぞ! ご注文後に24時間受付のチャットをご利用頂けます。 横断幕専門店なのでデザイン性の高い製作ならmakumaku